link

二子玉川の美容院・美容室 アメリ

  • Facebook
  • line
  • twitter

シャンプーとは??

お客様からシャンプーは何がいいの??と聞かれるので少し話します
シャンプーに対して何を求めるかで変わってきますので

では成分表示とメリットデメリットについてざっくりと

ラウリル硫酸Na
ラウレス硫酸Na
パレス硫酸Na
(名前に「硫酸」とつく成分 安価で泡立ちが良い。 強い「脱脂力」「タンパク質変性作用」がある。

スルホン酸系
オレフィン(C14-16)スルホン酸

(名前に「スルホン酸」とつく成分) 安価で泡立ちが良い。
「植物由来」「無添加」を謳ったシャンプーによく配合されている。
洗濯用・住居用洗剤にもよく使われる。 硫酸系に匹敵する強い「脱脂力」「タンパク変性作用」がある。魚毒性が強い。

石鹸系
カリ石けん素地
ラウレス-3酢酸Na 洗浄力が高い。石けんの使用にこだわる人に好まれる。 アルカリ性で髪に対するダメージがある。洗浄力が強く頭皮への刺激が強い。シャンプーの成分としてはデメリットが多い。

アミノ酸系
ココイルグルタミン酸TEA
ココイルアラニンTEA
ラウラミノプロピオン酸Na 刺激性が低く、頭皮に優しい。洗浄成分自体に髪のダメージに浸透して保湿する働きがある。 原価が高い。泡立ち、使用時の爽快感が劣る。

シャンプーの裏面を見ると成分表示が載っているので見てください
これを見るとアミノ酸系がよろしいかと
あとは市販のシャンプーにはほとんどシリコンが入っておりますがこの成分がまた曲者なのでこのシリコンについてはまた別なときにでも
に詳しくはなしますね

ノブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

スタッフブログ

月間アーカイブ

ページトップへ